予防歯科

予防歯科

歯のトラブルも「予防」が重要

予防歯科とは、虫歯や歯周病などの歯のトラブルの予防を目的とし、歯や口の健康維持に役立てていく治療のことを指します。歯科医院としては、歯や口のトラブルの予防を特に重要視しています。

歯の痛みなどの自覚症状が出てから歯科医院で治療することも当然できますが、そのときの状態によっては歯の大部分を失ってしまうといったことになりかねません。それを未然に防ぐためには、やはり歯科医院を定期的に受診することが大切です。

PMTCで虫歯や歯周病の予防を

みなさんは「PMTC」という治療法をご存知でしょうか。PMTCとは「Professional Mechanical Tooth Cleaning」の頭文字をとったもので、歯科医院で行う歯のクリーニングのことです。

専用器具を用いて行うプロフェッショナルによる歯のクリーニングでは、普段の歯磨きでは取りきれない歯の汚れを除去することができます。そうしたケアをすることは、きれいな歯の維持にも効果的ですし、虫歯や歯周病予防にもつながります。

また、そのほかにも口臭を予防したり歯質を強くしたりといったことが可能です。

虫歯予防として行われる「フッ素塗布」

みなさんもきっと、子供の頃に歯科医院で「フッ素塗布」を受けたことがあるのではないでしょうか。虫歯予防を目的として行われるフッ素塗布は成人の方に対しても行われることがありますが、保険でフッ素塗布を行うための条件のひとつに「13歳未満」という条件があるため、13歳以上の方は必然的に保険適用外となります。

この治療に対して十分な効果を期待するためには、年に3~4回のフッ素塗布が必要になります。年に3~4回では保険適用されたとしても費用が気になるという方もいらっしゃるかもしれませんが、虫歯予防という効果を得ることができれば費用対効果は高いと言えます。

歯の健康は体の健康につながる

健やかな歯を維持していくことは、体の健康維持にもつながります。虫歯の多い子供は肥満のリスクが高まると言われたり、歯周病にかかっている人はそうでない人と比べると早産のリスクが7.5倍にもなると言われています。

歯科医院は歯が痛くなってきてから行くところではなく、虫歯や歯周病の予防のために定期的に行くところであると私たちは考えています。この機会にみなさんも歯の健康について考えてみませんか?

ページトップへ